思考が堂々めぐりをしている。

家系的に、そういった思考の癖があって
『思考が同じところを巡って外にでられない』
と感じたら、すぐにその輪を壊すように。
と言われた。

亡くなった祖父は寡黙な人で
母も、思うことを外に出せずしまい込む。

本当ならば、不安だとか
困っていることや、つらいことだとか
少しずつ周りに助けてほしいと伝えるべきなのに
なぜかうまく言語化できず抱え込む。

「答えがでない」という答えが出ると
それをわざわざひと目につくところに出したところで
見る人の気分を害するだけだと感じてしまう。

自分の責任なんだろうなぁ。あまり気にせず出せるようになりたい。
ただ本でも読んで暮らしたい。