作業ログ

3/22 TODO

  • ✅どんすわdiskfull対処
    ✅↑Redisの設定
    🔳↑S3画像を表示させる
  • ✅メンテナンスページに2048移植
  • ✅vim編集
  • 🔳WordPress記事のQiita化 -> Git管理

どんすわdiskfull問題

diskfullのためswapファイルを削除

0 => 200 => 400と変更

メモリ枯渇したためRedisの設定を変更する

参照: Redisのmaxmemoryについて | 技術情報ブログ | マネージドホスティングのディーネット

まずはマシン全体のメモリ容量を確認

# free -th
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:           983M        779M         63M         60M        140M         34M
Swap:          399M        399M         40K
Total:         1.4G        1.2G         64M

メインメモリは1GBでした。
maxmemory の値は200MBとします。
さっそく編集します。

# cd /etc/
# vim redis.conf
maxmemory 200mb

Redisサーバーを再起動します。

# systemctl restart redis-server

ついでにsidekiqのCPUQuotaも5%にしました。
デーモンをリロードしてくださいとのこと。

# service mastodon-sidekiq start
Warning: The unit file, source configuration file or drop-ins of mastodon-sidekiq.service changed on disk. Run 'systemctl daemon-reload' to reload units.

# systemctl daemon-reload
# service mastodon-sidekiq restart

今後も様子を見つつチューニングをしていきたいです。

vimrcの設定

編集してみました。
どんどん追記していきたいです。

$ vim ~/.vimrc
  1" 行番号を表示
  2 set number
  3 
  4 "----------------------------------------
  5 " 検索
  6 "----------------------------------------
  7 " 検索するときに大文字小文字を区別しない
  8 set ignorecase
  9 " 小文字で検索すると大文字と小文字を無視して検索
 10 set smartcase
 11 " 検索がファイル末尾まで進んだら、ファイル先頭から再び検索
 12 set wrapscan
 13 " インクリメンタル検索 (検索ワードの最初の文字を入力した時点で検索が開始)
 14 set incsearch
 15 " 検索結果をハイライト表示
 16 set hlsearch
 17 
 18 "----------------------------------------
 19 " 表示設定
 20 "----------------------------------------
 21 " 行末のスペースを可視化
 22 set listchars=tab:^\ ,trail:~
 23 " コメントの色を水色
 24 hi Comment ctermfg=LightBlue

2048をメンテナンスページに移植

2048というパズルゲームに一目惚れしたので
メンテナンスモードに設定することにしました。

GitHub/2048

リポジトリをフォークして
index.htmlをメンテナンス用に編集する。

nginxの設定ファイルを整理

nginxの設定ファイルがdefaultという名前になっているため
ファイル名を次のように変更する。

# /etc/nginx/sites-available/default -> /etc/nginx/sites-available/don.suwa3.me
# mv /etc/nginx/sites-available/default /etc/nginx/sites-available/don.suwa3.me

それに伴いsites-enabledのシンボリックリンクも作り直す。

unlink /etc/nginx/sites-enabled/default
ln -s /etc/nginx/sites-available/default /etc/nginx/sites-available/don.suwa3.me

メンテナンス用のnginxの設定ファイルを設置

/etc/nginx/sites-available/default を元に
メンテナンス用のnginxの設定ファイルを設置。

cp /etc/nginx/sites-available/don.suwa3.me /etc/nginx/sites-available/don.suwa3.me-mainte

/etc/nginx/sites-available/don.suwa3.me-mainte のlocationを
メンテナンス用に変更。

既存のlocation宣言はすべて削除し、次を追加する。

location / {
  root /var/www/don.suwa3.me-mainte
}

メンテナンスページをec2上に設置します。
メンテナンス用の静的ファイルの配置ディレクトリを作成。

mkdir -p /var/www/don.suwa3.me-mainte

カレントディレクトリを移動

cd /var/www/don.suwa3.me-mainte

ファイルのダウンロード

git clone https://github.com/Ishizuka427/2048.git .

細かな微調整などはのちのち行います👏