脳内

データベースがわからな過ぎて心が落ち着かなかったので
脳内の自分自身に相談する形で、メンタルの安定化を試みました。
その会話ログを文章に起こして眠ったのだけれども
翌朝、改めて読んでみたら結構ホラーだったので載せます。


私1「データベースが分からないという気持ちだったけれども、よく考えたらWebサーバーも分からないし、アプリケーションもよく分からない。内部の構造を何も理解していない。そもそもLinuxすらよく分かっていないかも」

私2「そっかぁ、分からない気持ちでいっぱいなんだね」

私1「例えばログを見る方法が分かっても、それを読み解くためには内部構造をある程度わかっていて、当たりをつける必要があると思うのに、何も分からないから推測も出来ない。運良く答えに辿り着けたとしても、何故辿り着けたのかすら理解せずに場当たり的な対処で終わってしまう」

私2「なるほど。ログを見ても『分からない』という気持ちが先立ってしまって不安なのかもねぇ」

私1「分かっていないということに気づいたことで、余計に不安が大きくなっていると感じる」

私2「そっかぁ。不安を小さくするためにはどうしたら良いだろう」

私1「どうするべきなのかは分からないけれども、恐らく内部構造を把握しながら多くのログを見ることに慣れた方が良いのだと思う。何か不具合が起きているときのログを大事にするべきだと思う」

私2「そうだね。内部構造の把握は、これからコツコツと能動的に学べたら良いね。不具合が起きたときこそ冷静になることを忘れずに、その時の自分にできることをやってみよう」

私1「わかった」