GitHubのアカウントを統合

GitHubの問題解消する
– 旧アカウント(suwa33)からメインアカウント(suwa3)にオーナー移管
方法: リポジトリのSettings => Danger Zone => Transfer ownerhip
– suwa33の方はexampleeeeにする
– Organizationsをsuwa33で作成してHP(GitHubPages)移管
– GitのCommit AuthorとCommiterを変更する(草移管)
– GitHubPages死回避

今日の目標である、GitHubの整備は完全クリアです!

GitHubのアカウントを統合させました。
理由は
プライベート用のGitHubアカウントと
仕事用のアカウントがそれぞれあって
2つの鍵を管理していくのが大変だったのと
MacBookAirが死にかけていたので
なんとかGitHubの内容だけでも脱出させておきたかったからです。

リポジトリの避難

まずsuwa33アカウントからsuwa3アカウントへリポジトリを避難させます。
実際にはリポジトリのオーナーを変更する設定になります。
避難させたいリポジトリのSettingsを開いて

一番下のDanger Zoneまでスクロールし、Transferをクリック

Typeするよう言われた内容をコピペして
引越し先のアカウント名を入力します。

しばらくすると
引越し先のアカウントで登録してあるメールアドレスにメールが届きます。
メール内に

To accept the transfer, visit this link:

と書かれた先にリンクが続くのでクリックします。

このときの注意点で
旧アカウント(ここではsuwa33)からログアウトをして
引越し先のアカウント(ここではsuwa3) にSign Inしてから
メール内のリンクを踏んでください。

成功すると、リポジトリが移行してきています。

GitHub pagesが死ぬのを回避

オーナー名が変更になるため
GitHubの静的サイトのホスティングが適用されなくなりページが死にます

暫定的な対処として以下を行います。

  1. 旧アカウントのオーナー名(username)を適当に変更
  2. 引越し先のアカウントでOrganizationを作成
  3. Organizationに旧アカウントのオーナー名をつける
  4. GitHub静的サイトのリポジトリを移管
    ↑主な流れは記事上の「リポジトリの避難」と同様

具体的な方法を書いていきます。

GitHubの静的サイトがかつてあった旧アカウント(suwa33)のSettingsから
AccountのChange usernameを選択して
オーナー名の変更をします。

色々聞かれます。

なんでも良いのでusernameを変更します。

一度旧アカウントからログアウトして(user名は控えておくと安心)
引越し先のアカウント(suwa3)にサインインしたあと
Organizationsを選択してNew organizationを選択します。

左のフリープランで作成します。

Organizationのアカウント名は旧アカウントのオーナー名を設定します。
これは先程適当に決めた(exampleeeeなどの)アカウント名ではなく
GitHub Pagesをこちらに移管して生き延びさせるためのものなので
ここではsuwa33と入力します。

そして、引っ越し作業はこのページ上部に記載した
「リポジトリの避難」の方法と同様に行います。

反映まで数分かかりましたが、GitHub Pagesを移管することに成功しました。

草移管

最後に、草の引っ越し方法も記載します。
suwa3などの部分は適宜変えてください。

引っ越しが終わったら、git cloneしてローカルにソースを落とします。

$ git clone git@github.com:suwa3/hello-world.git

.gitのある場所で以下を実行します。

$ git filter-branch -f --env-filter "GIT_AUTHOR_NAME='suwa3'; GIT_AUTHOR_EMAIL='example@com'; GIT_COMMITTER_NAME='suwa3'; GIT_COMMITTER_EMAIL='example@com';" HEAD  

↑例
username: suwa3
メールアドレス: example@com
の場合です。

forceでgit pushをして反映させます。

$ git push -f

草の引っ越しも完了です。

コメントを残す