CodeDeploy

sidekiqの設定をAnsibleで自動化したものを
AWS CodeDeployで自動化しようと格闘しました。
とりあえず途中まで進んだものを備忘録的に書いておきます。

まずIAMロールを作成

CodeDeployダッシュボードへ移動し
そのロールARNを元に
アプリケーション、デプロイグループの作成をします。

デプロイタイプはシンプルなものを選びます。
対象のEC2インスタンスを選択します。

デプロイ設定は、今回ES2インスタンス1台なのでOne at Timeを選択します。
詳細は以下URL
CodeDeploy でデプロイ設定を使用する – AWS CodeDeploy
ロードバランサーはEC2内部でNginx稼働しているため、今回は指定しません。

デプロイの作成で
GitHubのトークン名は
一度ブラウザでGitHubからログアウトして
アカウント名を入力してあげます。
以下URL参照
ステップ 6: アプリケーションをインスタンスにデプロイする – AWS CodeDeploy

次はリポジトリの紐付けです!

肝心のAnsibleリポジトリが
個人的に、まだまだまとめられてないなぁと感じるので
ディレクトリ掘って整備が完了次第、続きをやりたいと思います。

コメントを残す