ねぼけ

じぶんの、このツイート

読書くらいしか楽しみがなくて
このころは多分Pythonなど触りはじめた頃で
どういった方向性でいこうか悩んでいた時期だったの。

海外文学が好きで
それはハズレが少ないという理由なのだけれども
現実逃避の手段として読書をしていて
読み終わると、また現実が待っているの
結構しんどく感じた。

この数ヶ月後にWebアプリケーションの構築をしはじめて
勉強会への参加や、就職活動を通して
ひととの交流が自然と増えてきたの。
まず活発なコミュニティが沢山あることが驚きだった。
勉強して、交流して、情報を交換・共有して
ひとの役に立てて、技術を磨いていくのワクワクする。
まさしく切磋琢磨だなぁとおもった。

難しくてわからんなぁとおもうこと多いの。
人間には難しすぎるのでは?
と毎日のようにおもう。
完全な独学は相当厳しいと感じる。
けれども、そのおかげで
ひととの関わりが増えているところあるなぁ。

いまこの時代にうまれて良かったかもしれないなとおもうの。
いろいろなことにワクワクできるもんねえ。

上京してきたのも大きな要素だとおもう
なにより、ずっとやりたかったことが出来るというのが嬉しい。

体調不良でお休みしていたのだけれども
午前中は夢の中でお仕事していて
寝ぼけてそのままSlack書き込んでいて
焦って消しました。

今夜きちんと眠って
明日には全快していたいなぁ。

コメントを残す