ハンズオン続き

DjangoGirls主催の
PythonでWebアプリケーションをつくるハンズオンに参加してきました。
https://tutorial.djangogirls.org/ja/deploy/
ここを参考に進めました。
前回のハンズオンで書いたコードやDBの設定などを読み返して復習しつつ
チュートリアルに沿ってPythonAnywhereにデプロイしました。

流れとしてはGitHubにアップは済ませてあったので

  • PythonAnywhere APIトークンの作成
  • PythonAnywhere のbashコンソール内でサイトの設定をする
$ pip3.6 install --user pythonanywhere
$ pa_autoconfigure_django.py https://github.com/<github-username>/<blog-name>.git

これらを実行することで

  • GitHubからコードをダウンロード
  • PythonAnywhere上にvirtualenvを作成する。
  • 一部のデプロイメント設定で設定ファイルを更新する
  • manage.py migrateコマンドを使ってPythonAnywhere上のデータベースをセットアップする
  • 静的ファイルの設定
  • APIを通じてPythonAnywhereがWebアプリケーションを提供するように設定

上記が自動で設定されます。PythonAnywhereすごーい!

CSSをいじったら

$ python manage.py collectstatic

collectstaticコマンドで
アプリが管理している静的ファイルを
Nginxが参照できる場所(ディレクトリ)へ
ひとつにまとめることができるの。
参照: https://qiita.com/saira/items/a1c565c4a2eace268a07

手動でがんばる。

とりあえず目標だったデプロイまでできたし
.env以下に

# set environment variable to tell django where your settings.py is os.environ['DOTENV'] = '/home/suwa3/suwa3.pythonanywhere.com/.env'

これらを追記してsettings.pyのSECRET_KEYの値、直書きしていたのを

SECRET_KEY = os.environ['SECRET_KEY']

に書き換えました。
キリの良いところまでいったので
とりあえずこれでよしとします!

あしたのやりたいことをリスト化しました。

できたらいいなあ

コメントを残す