徒然

意外とできた、わかってきた
っていうのが重なって
今のところ大丈夫なんだけれども

これ一人で続けていて完成させられる気がしない
っておもうと、この時間の意味あるのかしらと考えてしまう。
基礎ができていない状態なのがつらいんだよなあ

基本的なPCの仕組みやネットワークの構造がイマイチわかっていない気がする。
必要になったときに都度調べるスタイルで進めている。
体系的に学びたいなあとおもうので手段を考えようとおもいます。

技術に走るとどうしても独りよがりになってしまう傾向がある気がする。
帰属意識を強くもちたい。

周囲のひとが変わると
そのひとたちをよく観察するようになるのと同時に
自分自身の変化というか、今まで知らなかった部分が見えてくるの
面白いなあとおもった。

「このひとこういうところ凄いなあ」
っていうのが日々あって楽しい。

「企業に合わせようとしてくるひとは、結局企業側が合わせないといけなくなる」
というのが今日の印象的なフレーズだった。
逆説的だなあ。

就活するとき、相手の企業がどれだけレガシーな環境だろうと
技術力をつけてぶん殴れば変わっていくのでは?
とか安易に考えていて

実際にそんなこと超絶大変だと今はおもうのだけれども
(それくらいゴリラな精神力というか
俺が改革してやるみたいな精神って
もっと煙たがれるのかとおもっていたの)
意外とハマる相手にはハマるのだなあと感じた。

なかなか自分の考えを会話の中で話すの苦手なところがあるの。
正直に伝えているつもりでも
正確に伝わっていなかったら意味半減するので
そういった面での技術も身につけたいなとおもいました。

コメントを残す