circleCI

circleCIの設定をやってみました。

Continuous Integration and Delivery – CircleCI

まずgit hubアカウントでユーザー登録を済ませたら

なにかを自動化するリポジトリを選択して

以下ターミナル

サンプルコードはここ参考にしました。

CircleCIでのPythonアプリケーションの構成-CircleCI

config.ymlの中身はこんなかんじです。

$ mkdir .circleci  
$ cd .circleci/ 
$ vi config.yml 
$ git add config.yml 
$ git commit -m ‘config.yml' 
$ git push
$ cd ../ 
$ source myvenv/bin/activate 

 => venvの中に入る場合

$ pip freeze 

 今入っているパッケージの情報を表示

$ pip freeze > requirements.txt 

 => そしてgit push


ふむ

大人数で管理しているリポジトリなんか

みんなブランチ編集して

成功しているのかどうか一つ一つテストするの

確かに大変そうなので、これは便利だなあとおもいました。

バッヂも付けたよ。

Status BadgesのコードをコピペしてREADME.mdに貼り付けたの。

こんな感じで緑のバッヂがついた。

ちょっとかっこよくなった、やったねえ🙋‍♀️

コメントを残す